高尾・陣馬ハイキング

藤野駅から陣馬山

 
  TOPページ | 高尾山 | 小仏城山 | 景信山 | 陣馬山 | 生藤山 | 高尾山周辺 | 相模湖周辺 | 扇山 | 中央線沿線 | 富士急沿線 | 道志
トップ > 陣馬山 > 藤野駅・一ノ尾根
藤野駅から陣馬山へ登る一般的なコースです。 陣馬登山口バス停から、緩やかな一ノ尾根の樹林を歩きます。

一ノ尾根 陣馬山

◇コースタイム
藤野駅(30分)陣馬登山口(30分)上沢井合流点(30分)和田第1合流点(40分)陣馬山
※藤野駅から陣馬登山口へは、神奈中バスで5分です。


藤野駅から陣馬登山口へ

陣馬登山口から一ノ尾根で陣馬山へ登ります。 藤野駅から相模湖駅方面へ線路沿いを進んで、踏切を渡ると沢井トンネルです。 沢井トンネルは500mほどあって道幅も狭く、車がけっこう通るので、注意して歩く必要があります。 トンネルを出て、沢井川沿いの県道をしばらく歩くと陣馬登山口バス停です。 藤野駅から陣馬登山口バス停まで、朝2本程度のバスがありますが、小学生の通学用に運行されている感じです。
藤野駅 沢井トンネル 陣馬登山口バス停

陣馬登山口バス停から少し行くと陣馬山登山口の標石があり、右の道に入ります。 すぐ先の二股道を右へ行くと栃谷尾根や奈良子尾根へ、左へ行くと一ノ尾根です。山頂までは約5kmです。
陣馬山登山口 分岐を左へ

栃谷尾根で陣馬山へ  
奈良子尾根で陣馬山へ  

陣馬登山口から陣馬山へ

分岐からしばらく急な車道を登っていくと登山道に入ります。 山頂まで、ジグザグの登りと平坦な道の繰り返しです。 ところどころ、樹木の間から富士山や生藤山が見えます。 途中で上沢井からの道、入間坂からの道が合流してきます。
山道に入る 上沢井合流点 一ノ尾根

さらに登っていくと、和田からの道が合流する和田第一合流点で、ベンチがあります。 さらに10分ほど登ると和田第二合流点で、山頂までは0.7kmと書かれています。 (バス終点の和田から一ノ尾根に登る道が二つあります。)
和田第一合流点 和田第二合流点

和田第二合流点から急坂を登り、最後に丸太の階段を登ると陣馬山・山頂に着きます。
急坂 山頂への階段

陣馬山・山頂はこちらです。  



山行日記


2009年12月1日 / 藤野駅−陣馬登山口−陣馬山−明王峠−相模湖駅(歩行3時間30分)

陣馬山

高尾山から陣馬山への縦走コースを歩こうと思っていたが、曇っていて展望が期待できなさそうなので、陣馬山だけにしました。

藤野駅から長いトンネルをくぐり、しばらく車道を歩くと陣馬登山口バス停。ここから林道の急坂を登っていくと、突然パーンと音がしてビックリすると、おばさんが「サルが畑を荒らすのよー」とサルを爆竹で追い払っていました。林道を登りきると登山口で、山道に入っていきました。

登りと平坦な道を繰り返しながら登っていきました。陣馬山への道は曇りで展望はなかったが歩きやすい道です。

陣馬山につくとやっぱり展望は得られませんでした。生藤山ですら半分隠れていました。天気予報はくもり時々晴れだったので、山頂は賑わっているのかと思っていたら10人ほどいるくらいでした。

陣馬山を出てゆっくり歩き出しました。明王峠に着いたころには晴れてきましたが、霞んでほとんど見えません。見えてくれば景信山へ行こうかと思ったが、相模湖へ下ることにしました。

林道を横切るまでは下りが続いたが、その後は相模湖の手前まで、ほとんど平坦な道でした。

与瀬神社まであと1kmの辺りからかなりの急坂の下りで、距離がなかなかかせげず長く感じます。下りが終わると与瀬神社の境内に出ました。

与瀬神社から急な階段を下りて、中央道の歩道橋を渡り、線路沿いを歩いて相模湖駅へ向かいました。





コースタイム
藤野駅
0:30 ↓↑ 0:30
陣馬登山口
0:30 ↓↑ 0:25
上沢井合流点
0:30 ↓↑ 0:25
和田第1合流点
0:40 ↓↑ 0:30
陣馬山

陣馬山ハイキング
 陣馬山 TOP
 景信山から陣馬山
 和田峠から陣馬山
 陣馬高原下から陣馬山
 底沢峠から陣馬山
 和田から陣馬山
 藤野駅から陣馬山
 栃谷尾根で陣馬山
 奈良子尾根で陣馬山
 美女谷温泉から陣馬山
 相模湖駅から陣馬山


プライバシーポリシー