高尾・陣馬ハイキング

美女谷温泉から陣馬山

 
トップ > 陣馬山 > 美女谷温泉
美女谷温泉から明王峠を経て陣馬山に登る静かなコース。麓に美女谷の地名の由来になった、照手姫が豊かな黒髪を梳いたという七ッ淵があります。美女谷温泉は廃業しています。

◇コースタイム
相模湖駅(35分)底沢バス停(20分)美女谷温泉(1時間30分)底沢峠(10分)明王峠(50分)陣馬山
※相模湖駅から底沢へは、神奈中バスで6分です。


相模湖駅から美女谷温泉へ

中央線・相模湖駅を出てすぐ右に曲がり、甲州街道を東へ歩いていきます。 嵐山や相模ダム、小原宿本陣などを見ながら30分ほど歩くと底沢バス停で、美女谷温泉と書かれた左の細い道に入ります。 相模湖駅から桂橋経由三ヶ木行きなどのバスに乗れば6分ほどです。
相模湖駅 甲州街道(国道20号) 底沢バス停

底沢バス停から左の道に入ります。中央線のガードをくぐり、中央線に沿った左側の道をしばらく歩きます。 中央道の下を通ると分岐があり、左へ行けば美女谷温泉、右へ曲がると小仏峠への道です。
ガードをくぐる 中央道 分岐を左へ

分岐から数分歩くと美女谷温泉で、道標にしたがって右折し、民家の間を上がれば登山口です。 車道をそのまま350m行けば、美女谷という地名の由来になった照手姫が豊かな黒髪を梳いたという七ッ淵が見られます。 美女谷温泉は閉店したようです。
右折 七ッ淵



美女谷温泉から明王峠へ

石段を上がると墓地があり、ここから山道に入ります。 竹林の急坂を登っていくと植林の道になります。
登山口 竹林の急坂 植林

再び竹林が現れ、急坂を緩やかな道を繰り返しながら登っていきます。ずっと樹林なので展望はありません。
竹林 底沢峠への道

やがて笹の道を登ると底沢峠で、高尾山から陣馬山へ続く尾根に出ます。 左折して10分ほと歩けば明王峠に着きます。
笹の道 底沢峠 明王峠

明王峠から陣馬山へはこちらです。  





コースタイム
相模湖駅
0:35 ↓↑ 0:35
底沢バス停
0:20 ↓↑ 0:20
美女谷温泉
1:30 ↓↑ 1:00
底沢峠
0:10 ↓↑ 0:10
明王峠
0:10 ↓↑ 0:10
奈良子峠
0:40 ↓↑ 0:30
陣馬山




プライバシーポリシー