高尾・陣馬ハイキング

大栗から長尾山・御牧戸山

 
  TOPページ | 高尾山 | 小仏城山 | 景信山 | 陣馬山 | 生藤山 | 高尾山周辺 | 相模湖周辺 | 扇山 | 中央線沿線 | 道志
道志村の大栗から赤鞍ヶ岳へ登り、細茅ノ頭、長尾山、テレビ中継アンテナが建つ御牧戸山(鳥居立)、厳道峠を経て、久保へ下るコースです。

大栗から赤鞍ヶ岳へ

赤鞍ヶ岳へは月夜野からバスで20分ほどの大栗で下車します。 大栗バス停前にある石碑脇の林道を上がっていくと、下方に道志小学校の向こうに富士山が見えて、登山口に着きます。
大栗バス停 石碑 林道

林道と分かれて階段を登ると赤倉岳登山口の道標があり、樹林に入ります。
登山口 道標 樹林の道

樹林の道を15分ほど登ると、樹木が伐採された送電鉄塔に出てます。 送電鉄塔からは、目指す赤鞍ヶ岳や左にウバガ岩が見え、西には富士山も見えます。 送電鉄塔を出て、ひと登りすると林道を横切ります。
送電鉄塔 富士山が見える 林道を横切る

林道を横切るとしばらく急坂が続き、ひと段落すると大室山や東側の展望がよいです。 再び樹林に入るとすぐヒキガエルがうずくまったように見えるゴトウ石があります。 ゴトウ石をすぎて岩場を登ると、植林の道となり、しばらく急登が続きます。
大室山方面 ゴトウ石 植林の急登

やがて傾斜が緩むと厳道峠からの道と合流し、スズタケの刈り払われた急坂を登ると赤鞍ヶ岳に着きます。 赤鞍ヶ岳は標高1257mで、右に雨量観測設備があります。
厳道峠からの道と合流 赤鞍ヶ岳への道 赤鞍ヶ岳



赤鞍ヶ岳から巌道峠へ

赤鞍ヶ岳から厳道峠へと大栗への分岐に戻り、しばらく下っていきます。 1つピークを越えると細茅ノ頭に着くが、表示がないので地図を見ながら歩かないと気づかずに通り過ぎてしまいます。
厳道峠へ向かう 細茅ノ頭への道 細茅ノ頭

細茅ノ頭を出ると、明るい道となり、広い尾根を緩やかに登っていけば標高1107mの長尾です。 ここも、文字も読めない古い道標が吊るされているだけです。
長尾山への道 長尾山 御牧戸山への道

長尾山から緩やかに歩いていけばアンテナが見えて御牧戸山に着きます。 御牧戸山は標高1048mで、山頂にはテレビ中継塔や雨量観測設備が建っています。 山頂からは北側の展望があります。
御牧戸山 御牧戸山からの展望

御牧戸山を出ると、ちょっとした岩場から大室山方面が見えます。 阿夫利山への道を分けると、巌道峠までとんでもない急な下りが続きます。 やがて送電鉄塔に出ると、大室山や富士山が見えて、車道が越えている巌道峠に着きます。
大室山 急な下り 巌道峠

巌道峠から久保へ

巌道峠からゲートをすぎると道が分かれて、久保へは右に下ります。 大室山を仰ぎながら30分ほど下って圓福寺をすぎると国道413号線に出て、すぐ右に久保バス停があります。 左へ行けば久保吊橋です。
右へ下る 下り 国道413号線に出る

久保バス停





道志 登山コース
 道志 TOP
 山伏峠から御正体山
 赤坂駅から二十六夜山
 道坂隋道から今倉山
 和出村から菜畑山
 大栗から赤鞍ヶ岳
 長尾・御牧戸山
 ムギチロ・入道丸
 国道413号線の名所

コースタイム
大栗
1:40 ↓↑ 1:15
赤鞍ヶ岳
0:50 ↓↑ 1:00
細茅ノ頭
0:30 ↓↑ 0:30
長尾山
0:30 ↓↑ 0:30
御牧戸山
0:30 ↓↑ 0:45
厳道峠
0:40 ↓↑ 0:50
久保


プライバシーポリシー